アラミドコーヒーの話

アラミドコーヒーの歴史

Coffee Alamidプロのコーヒー愛好家のグループは、希少な珈琲豆を求めて
マニラの南に位置するマララヤット山に登り、ジャコウネコの糞の跡を追いました。
そのうちの一人、フィリピン珈琲委員会の役員である アントニオ·レジェスは、
カペ・アラミドはフィリピンの
最高の隠し玉の一つであったと述べました。
カペ・アラミドが取れる地域に住む高齢者は、
今まで、自分の消費のためだけにコーヒー豆を集めていた。
彼らはこのコーヒー豆の存在を他の人に知らせませんでした。
カペ・アラミドは、年間約500kgしか生産されません。
そして、フィリピンでジャコウネコ20ペソ紙幣に印刷され
保護動物に指定されています。

ジャコウネココーヒー

Coffee ジャコウネコ珈琲(シベット珈琲)は主に東南アジアで生産されている珈琲です。
様々な地域によって呼び方が異なりますが、これは言語の違いからによります。
インドネシアでは
「コピ・ルアック(コピ・ルアク)」これは「コピ=珈琲」「ルアク=ジャコウネコ」
フィリピンでは 「カペ・アラミド」これは 「カペ=珈琲」「アラミド=ジャコウネコ」
という意味になります。
このジャコウネコ珈琲は
1995年には世界一高いコーヒーということでイグノーベル賞受賞しています。
ジャコウネココーヒーがこのような素晴らしい香りと味になった理由は
ジャコウネコの消化酵素が、このように複雑な味を生み出し、
豆の苦味の原因であるタンパク質を分解させると言われています。
しかし、この主張は、科学者の間で調査中になっています。
ただ、希少な珈琲故に、珈琲ファンの中では一生に一度飲んでみたい
幸せを呼ぶおまじない珈琲」として大事にされています。

Coffee ジャコウネココーヒーが有名になったきっかけは映画の影響があります。
ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン主演。ロブ・ライナー監督作品
2008年5月公開「最高の人生の 見つけ方
ジャックニ・コルソン演じる大金持ちの
実業家エドワードがお気に入りのコーヒーがジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)です
この映画をみて、一生に一度このコーヒーを飲んでみたかったとお問い合わせを頂きます。

Coffee 2006年3月公開の日本映画「かもめ食堂」(かもめしょくどう)
フィンランド人のマッティがサチエさんに、挽いたお豆をドリッパーにセットし、
お湯を注ぐ前にコーヒーを美味しくするおまじないとして登場した「コピ・ルアック
その影響からジャコウネココーヒーはおまじないコーヒー
一部のコーヒーファンの間では呼ばれています。

このページの先頭へ

イメージ画像